本年も宜しくお願い申し上げます。


平成22年1月 代表取締役 小野利廣
平成22年所信

 今から40年前に、松下幸之助は「このままの政治では日本は行き詰る」と言っていました。自分のことばかりや目先のことばかり考え、国家百年の計がないからだということでした。自分のことばかりや目先のことばかりというのは、支えあい助け合うという社会の原則にはずれ、先人に感謝し子孫のことを考えるという真理に反するからだと指摘しました。 (財)松下政経塾はこのことから誕生しました。昨今を見るとき、まさにこうなってしまったと実感します。
 この原則を基本として、難有をやがて有難いと変化させることが必要です。難有を大きな反省の契機として、松下幸之助の言うように「真理は平凡の中にある」、すなわち平凡なこと、基本に則ったことを非凡に行なうことから、次のステップに歩めることを信じて、着実な一歩を進めていきたいと思います。
 皆さんの健勝と努力を願い、年頭所信といたします。